2012年12月アーカイブ

玄米ダイエットの効果

a0007_002207.jpg

玄米ダイエットをしている人が最近とても増えています。健康にも良いといわれている玄米ダイエットの効果とは具体的にどのようなものなのでしょうか。白米やパンと比較すると、玄米はミネラルやビタミンを多く摂取することができます。白米と玄米の違いは、精米したかどうかだけです。ですが、玄米は白米を遙かにしのぐ栄養量を誇っているといいます。



この頃の一般的な日本国内の食事は、和食から洋食にシフトしつつあり、ビタミンやミネラルが欠乏気味な人が増えています。欠乏しやすい栄養補給に、玄米が役立ちます。特にダイエットをしていると食事量が減りやすく、栄養が偏ることが少なくありません。主食を白米から玄米に変えるだけでダイエット中の栄養を効果的に補うことができるでしょう。



玄米の効果は他にもあります。食物繊維をたくさん含んでいるので、便秘解消にも効果があるのです。便秘は、ダイエットを成功させるためにも改善したい要素です。また、玄米は十分に噛んで食べなければいけないので、満腹しやすくなれます。



玄米を食べたことで老廃物を体外に出す作用が強化され、肌のコンディションが改善したという例もあります。体内の老廃物を出し、代謝が良くなれば、体の調子もよくなっていきます。玄米ダイエットを実践することで、体重が減るだけでなく、お肌も体の状態も改善することが可能です。

玄米ダイエットのやり方

玄米ダイエットは健康的に痩せられるということで人気のダイエットです。基本的には1日3食の主食を玄米に変えるだけというシンプルなダイエット方法です。白いご飯を普段から食べていた人が玄米にチェンジするということは、人によっては受け付けないかもしれません。白米を好む人の場合、玄米を白米にプラスして主食にする方法もおすすめです。



最初は白米のほうが多くとも、少しずつ玄米の量を多くしていきます。しっかり咀嚼することも、玄米ダイエットのポイントです。玄米は白米より固いため、食べるときとどうしても時間をかけて噛みしめる必要があります。噛むことによって満腹中枢が刺激されて、今まで食べていた量よりも少ない量で満足することができます。



玄米ダイエットの特徴はルールが無いことです。自由に自分でアレンジできるのが玄米ダイエットの良いところです。いろいろと、玄米のおいしい食べ方を試してみるといいでしょう。洋風のおかずより、和風のおかずのほうが玄米と相性がいいようです。和食のおかずはカロリーが低いため、メニュー次第でダイエット向きな食事がたくさんつくれます。



炊いた玄米は冷凍がききますので、まとめ炊きをする人もいます。食事の都度玄米を炊くのが大変なら、フリージングを活用しましょう。健康によく、体重を減らす効果もある玄米ダイエットは、多く人が今取り組んでいるダイエットです。

玄米ダイエットとは

玄米ダイエットが健康に良いということで話題になっています。玄米ダイエットとはいったいどのようなダイエット方法なのでしょうか。玄米食の人気が高まっていることや、精米機が身近に設置されるようになって、玄米を購入できる店舗の種類は随分と多くなりました。普段、白米や精米小麦から作られたパンを食べている人が、玄米に切り替えることでダイエット効果を得ることができるとされています。



精米していないお米を玄米といいます。白米とは異なり、外皮の部分がついたままの状態です。胚芽とぬかを精米して除去することで、玄米は白米になります。胚芽とぬかには、驚くほど豊富な栄養成分が含まれているのです。玄米のビタミンB1は白米の4倍以上だといわれています。食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍だそうです。



玄米のメリットは栄養価の面だけではありません。玄米は白米に比べて食べごたえもあるので、必然的によく噛むことになります。きちんと噛んで食べることで、脳の中枢が働いて満腹を感じます。食事量を見直してダイエットを成功させたい人は、食べすぎ防止効果のある玄米は非常にうれしい存在です。



野菜を主体に、玄米を組み合わせて食べるようなマクロビオティックのレシピ本も、この頃注目されてきています。マクロビオティックのレシピなどを参考に、体にいい玄米メニューでダイエットを成功させていきたいものです。

コーヒーダイエットの方法

コーヒーダイエットの方法はとても簡単です。1日に数杯のコーヒーを飲むことが基本です。コーヒーは普通のものではなく浅煎りのものがよくインスタントなどではほとんどありません。浅煎りコーヒー豆は、コーヒーの豆を販売しているところで手に入ります。



また、冷たくしてではなく、温かいコーヒーを飲むようにしましょう。ホットコーヒーは体を温めますが、アイスコーヒーは体を冷やし、脂肪を燃えにくくします。コーヒーでダイエットをするには、ミルクや砂糖を加えず、ブラックのままで摂取することです。体がエネルギーを必要とするようなことをする前、運動や風呂の30分前くらいが摂取の目安です。後で有酸素運動を取り入れると、脂肪燃焼効果が高まりダイエットに効果があるわけです。



コーヒーダイエットの良いところは、ダイエットに役立つだけでなく、糖尿病やがん予防にも効果がある報告もされている点です。コーヒーを摂取することで得られるカフェインやクロロゲン酸は、血糖値の増加をゆるやかにします。ある調査では、コーヒーを飲む人は、そうでない人よりも糖尿病リスクが低いといいます。コーヒーを摂取していると、消化器系のがんの中でかかりにくいものがあるという話も存在しています。やせる上に体にもいいという点が、コーヒーダイエットが大勢の人に支持されている理由でしょう。

コーヒーダイエットが効果的な理由

コーヒーダイエットが痩せる為に効果があるのはなぜでしょうか。コーヒーに含まれる成分が体内の脂肪を燃えやすい状態に変えてくれるためです。コーヒーからカフェインを摂取することで、ダイエットに役立てることができるのです。



カフェインをコーヒーから取り入れることで、頭の回転がよくなって集中力が向上したり、体脂肪が燃えやすい体になるというのがその理由です。タイミングを計ってカフェインを摂取して脂肪の燃焼を促しておくことで、運動や入浴によるダイエット効果がより高くなります。食事の量や、運動量を気にしすぎずとも、コーヒーダイエットをすることができます。



ダイエットの性質上、運動などを一緒に取り入れるとさらに効果が上がるのは言うまでもありません。ウォーキングやジョギング前、ジムに行く前、水泳に行く前などです。運動する前にカップ1杯のコーヒーを飲むと、脂肪燃焼効率が高まります。コーヒーを飲んでから家の中の仕事をするなど、体を使った作業をするよう心がけるのもいいでしょう。体を動かす機会を増やすことは、コーヒーダイエットに有効です。



コーヒーダイエットは、食事制限や運動でのダイエットほど急激に体重が減りはしません。劇的に体重をダウンさせることはできませんが、極端なダイエットにならないぶんリバウンドもしにくいことがコーヒーダイエットの長所であるともいえるでしょう。

コーヒーダイエットとは

a0011_000290.jpg

コーヒーダイエットとは、人気のダイエット方法のひとつです。手軽にできることから話題となっています。何をすることで、コーヒーダイエットをすることができるのでしょう。ごく簡単な方法で、コーヒーダイエットができます。



毎日、コーヒーを4~5杯飲みます。ホットで、かつブラックでが条件です。お風呂に入る前や、食事前、運動の前に摂取すると効果的です。コーヒーダイエットのよさは、実行しやすく、ルールが把握しやすいことです。普通のダイエットの場合は、カロリー計算をしたり、運動をしたり食事制限をしなくてはならないなどたくさんの制限があります。ダイエットというのはなかなかストレスが溜まるものです。コーヒーダイエットならは、お腹を空かせて苦しい思いをしたり、運動に四苦八苦したりといった労苦を感じる必要は全くありません。



ダイエットでは、ストレス解消は大きな課題となります。ストレスに耐えきれなくなって、いつかまとめ食いをしてしまうということもあります。コーヒーダイエットの利点は、運動やカロリー制限のようなストレスの溜まることをしなくていいことです。実行しやすいことが、コーヒーダイエットのいいところです。

スープでデトックスダイエット

デトックスダイエットは人気のダイエット方法のひとつですが、中でもスープを使ったものが簡単で人気があるようです。デトックスダイエットは体の中にたまった毒素を体外に排出することで代謝をアップするという方法です。スープを用いたデトックスダイエットでは、デトックススープで腸の働きを活発にし、新陳代謝をよくしていきます。



スープの材料は入手しやすく、コストのかからないものばかりです。トマト、にんじん、たまねぎ、ピーマン、セロリ、キャベツです。これらの野菜をコンソメやかつぶし、昆布だしでコトコト煮て、生姜と天然塩で味付けます。材料は揃えやすいですし、レシピはシンプルで簡単なので、気軽に作ることができるダイエットスープです。スープを食事の前に食べるのですが、お腹がいっぱいになるまでいくらでも食べても良いそうです。スープを食べたあとで通常の食事をするようにします。スープである程度お腹がいっぱいになるので食べ過ぎを防ぐこともできるでしょう。



デトックススープは便秘にもいいので、腸の活動をスムーズにすることができるとされています。食事の度にわざわざ作らずとも、一度にまとめて多めに作っておくこともできます。味噌や醤油などの調味料を加えて、味を変えてみると飽きずに長続きします。健康にも配慮したダイエットをするために、ぜひデトックススープを試してみてください。

ダイエットに用いる酢の種類

ダイエットに用いる酢の種類についてです。お酢には料理によく使う米酢や玄米酢の他にも、色々な酢があります。ダイエットには飲みやすさや栄養素を基準に自分に合う、お酢を選んでください。



黒酢、りんご酢、もろみ酢、香酢などのお酢が、ダイエットによく使われています。

焼酎や泡盛のもろみからつくられるのがもろみ酢で、天然の醸造酢だそうです。クエン酸が主成分であるもろみ酢は、お酢独特のつんとした感触が少ないことが特徴ですが、たいていのお酢は主成分が酢酸だそうです。もろみ酢にクエン酸のほかに豊富に含まれているのが、ダイエットに有効な様々なアミノ酸だそうです。



時間を1~3年もの間かけて、じっくりと作られたのが、黒酢というお酢です。長時間熟成の作用でアミノ酸が褐色に変化しているため、黒酢と呼ばれています。黒酢は特にアミノ酸が豊富なので、運動後の脂肪燃焼効率アップが期待できます。



酢酸菌をりんご果汁から作ったりんご酒に加えて更に熟成させたりんご酢は、米酢という日本酒を発酵、熟成させたものとは異なります。飲みやすいためにダイエット用に好まれているお酢であるりんご酢は、他のお酢と違って天然の甘さがあるそうです。黒糖とりんごと醸造酢で手作りすることもできるのが、りんご酢です。



スーパーやドラッグストアでたいていは簡単に手に入りますが、様々なお酢が販売されています。ダイエットにお酢をぜひ役立てられると良いですね。

お酢ダイエットの方法

お酢を使ったダイエットとは、どのような方法を実践すればいいのでしょう。もろみ酢、黒酢、りんご酢などでダイエットを行う場合は、1日30mlを目安に摂取してください。中にはダイエットを朝にお酢を1杯飲み、その後は毎食の食前に飲むという方法でしているという方もいるそうです。



お酢を食前に飲むと強くなるのが、体内の脂肪と結びつく力です。お酢を空腹時に飲むことが原因で胃が荒れる場合もあります。独特の酸味がお酢にはあり、苦手なのがこのツンとくる香りだという方もいるでしょう。お酢を抵抗なく飲むには、飲むときに牛乳や炭酸水と混ぜるのがおすすめです。トマトジュースや野菜ジュースに混ぜると、ほとんど酸味はわからないようです。砂糖やはちみつなどで味を調節することもできますが、カロリーが多くなりすぎないように注意しましょう。



お酢を摂取した後はウォーキングなどの有酸素運動をするとダイエット効果がアップします。運動をダイエットのためにしている人は、効率がアップしますので運動の直前に酢を摂取するのがおすすめです。バランスよく酢以外の酵素や栄養素を、代謝をアップさせるために採り入れることも大切なことです。基礎代謝が体温が低いと下がり、効果がせっかくお酢を飲んでもあまり得られないようです。体力低下を防ぐためにもお酢を飲むだけでなく生活習慣の改善や睡眠の質の向上などをするようにし、体温をコントロールすることでダイエット効果をアップさせることができます。

お酢を使ったダイエット

ダイエットに良いという酢は脂肪の燃焼を促進し、新陳代謝を活発にする作用があります。新陳代謝の活性化以外にも血中の総コレステロール値を下げたり、血糖値の上昇をゆるやかにする成分が含まれています。効果的にお酢活用してダイエットそしている人が多いといいます。



お酢の効果はダイエットだけでなく健康にも良いといいます。ダイエットをお酢ですることで血圧を安定させることができるようで、免疫機能も高まるそうです。エネルギーを体内で作り出す、クエン酸回路という機能を助けるのがお酢です。体の諸機能が疲れが蓄積されることでうまく働かなくなるのは、クエン酸回路の働きがうまくいかないからです。このクエン酸回路を活発にすることで疲労回復が早くなり、結果的に長時間のダイエット運動などがしやすくなるといいます。



更に、お酢は腸の運動を活発にするため、便秘解消に効果的です。何日も便秘が続くと下腹がポッコリと出てしまう場合もあるので、シェイプアップをしたい人にはありがたい効果だといえるのではないでしょうか。中性脂肪がお酢の摂取で減少すると、血流が血液がサラサラになって良くなります。



ダイエット効果が期待できるのは、血流が良いと健康にいいだけでなく、代謝が高まって脂肪が燃焼しやすくなるからです。お酢を毎日の食生活の中でも積極的にを使いどんどんダイエットと健康に役立てられると良いですね。