2013年5月アーカイブ

ダイエットメニューとお肉

a1600_000174.jpg

肉を食べない食事メニューでダイエットをしているという人は、案外と少なくないといいます。肉は脂肪になりやすい印象があるのかもしれないですが、ダイエットをしている時は本当に肉は不要ものなのでしょうか。食事のためのメニューを決める時には、肉に含まれている栄養成分は何かしらの形で摂取しなければなりません。肉を適切に選択することが、ダイエットメニューのコツといえるでしょう。

牛だからカロリーが高い、鶏だからカロリーが低いと決めつけることはできません。調理方法や、肉の部分も踏まえた上で、選び方を決めるようにしてください。脂身のない部位の肉であれば、ダイエットメニューに使っても構わないと考えられているようです。牛バラ肉は、牛肉の中で最もカロリーの高い部分のお肉です。赤身の肉の中では、赤ロースが高カロリーです。サーロイン牛でも、脂身のない部分が使えれ十分カロリーは低くできます。ダイエット中だからステーキを食べられないと諦める必要はないわけです。

鶏ささみ肉はダイエットメニューによいと言われていますが、ささみと同じくらい、むね肉も低カロリー食材だといいます。鶏むね肉も、ダイエット中の食事づくりには、メニュー候補にあげてもよいもののようです。体に必要な栄養素を含む肉を食べるため、ダイエットメニューにどうやったら肉が使えるかを考えていってください。

ダイエットメニューにおすすめの食材

どの食材を使って、ダイエットメニューを用意すると痩身効果が高いのでしょう。発芽玄米は、ダイエット時の主食におすすめの食材です。玄米を主体とした食事がダイエットにいいと言われていますが、口当たりが好まれなかったり、扱いが難しかったりします。玄米食が続かなかった人でも、発芽玄米は長続きするでしょう。

米をとぐ手間も簡単ですし、水に入れておく時間も短く、手軽に調理ができます。精米したお米と発芽玄米をブレンドして摂取するという人もいます。血中脂肪や血中コレステロールを調節するギャバという栄養成分が、発芽玄米に含まれているのも見逃せない点です。体の中に貯め込んでいる脂肪の代謝を促進するため、ダイエットのメニューとしてはぴったりです。

油分を多少は使っておいしいものを食べたいことも、ダイエット中にはあります。料理に油分を用いるならばオリーブオイルがいいでしょう。オリーブオイルはオレイン酸を多く含み、コレステロールを下げる効果があります。血液をどろどろからさらさらに変え、中性脂肪の少ない状態になれることがオリーブオイルの利点です。メニューにオリーブオイルを使うことで、より健康的な食事をすることができます。カロリーはありますので、ダイエット面では注意しましょう。

ダイエットメニューの考え方

ダイエットニューとは、食事に代表されるダイエットに何が必要かを見極めることです。体にいいダイエットを成功させめためには、日々の食事内容に気をつけましょう。肉や米を全く摂取しないようなダイエットをする人もいますが、手法としては感心できません。体への負担の大きいダイエットを行うと、その時は体重が落ちるかもしれませんが、直後にリバウンドすることもあります。健康効果を高め、痩身にもいい影響があるようなダイエットをすることが重要になってきます。

食事でのダイエット効果を得るためには、一汁三菜を基本としましょう。和食はこの形がベースにあります。みそ汁とご飯がそれぞれ1杯ずつに、主菜が一つ、副菜が二つという形になります。昼と夜は一汁三菜で、朝ごはんはパン食で乳製品やフルーツを摂取することで、立派なダイエットメニューを摂取することができます。食べたいものをとことんガマンしたり、食事をぎりぎりまで少なくしなくてもダイエットメニューはつくれます。

古くから伝わる和食を基本としてダイエットめゅーをつくってください。気づけば、ダイエットメニューにふさわしい食事ができているでしょう。体に必要な栄養を確保し、適度にカロリーを得るためには、一汁三菜をダイエットメニューの基本にして食べるものを決めて下さい。

黒酢ダイエットのポイント

手軽に実践できることが黒酢ダイエットのいいところですが、黒酢を飲む際の注意点などはあるのでしょうか。黒酢ダイエットをする時は、ダイエット効果を急がないことが大事です。ダイエット方法の中には、期間を区切って急激に体重を減らすタイプもありますが、黒酢ダイエットはその限りではありません。いきなり大幅なダイエット効果が出るというものではありません。

極端に食事制限でダイエットをすれば一時的にはすぐに痩せますが、リバウンドも起こしやすくなります。食事がわずかしか得られない状況がしばらく続くと、人の体は代謝を落としてエネルギーを使わないようにします。ダイエットを行う場合は、食べ過ぎには注意しつつ、あくまで運動によって体脂肪を少しずつ燃焼させていくという方法がおすすめです。黒酢は、体脂肪の燃焼を促進する効果があります。継続することによって、体脂肪が蓄積されづらい体になることが可能だといいます。

黒酢を飲んでから有酸素運動をするという習慣をつくることがダイエット達成のコツです。時間的な余裕がないなどで運動ができない人は、歩きで移動する時の30分前を目安に黒酢を飲む習慣をつけると効果を発揮します。なかなか運動ができないという人も、歩行速度を上げるなどの工夫で運動ができます。高カロリー食は避け、適切なカロリー量で体が必要とする栄養を確保しましょう。ダイエットの努力結実させるためには、黒酢を飲むだけでなく、生活習慣の見直しなどもいいでしょう。

黒酢ダイエットの方法

黒酢でダイエットを成功させたという人は少なくないようです。どうすれば、黒酢でダイエットができるでしょう。黒酢ダイエットのやり方は非常にシンプルです。1日30mlの黒酢を飲むという、ただそれだけです。

ご飯を食べた後に黒酢を飲むことで、酢の刺激で胃を痛める心配をせずにすみます。食事に含まれる脂肪を分解する効果もあると言われています。黒酢に含まれる豊富なアミノ酸のうち、BCAAというアミノ酸は代謝の活発な体をつくる効果があります。脂肪を燃焼させる効率をよく高くしたい人におすすめです。

黒酢の摂取と運動を組み合わせるとよりダイエットがしやすくなります。運動のタイミングは、黒酢を飲んでから30くらい経過してからです。普段の食べ物や運動の内容には、特に決まりごとはありません。黒酢ダイエットのいいところは、黒酢を飲む以外は自由裁量であるところです。手軽に挑戦することができることが、黒酢ダイエットのいいところでしょう。

水や牛乳などで黒酢を5倍ほどに薄めてから、摂取してください。原液のままでは胃に負担がかかってしまいます。薄める時は水のほか、野菜ジュース、豆乳、牛乳を使ってみるのも有効のようです。フレーバーを変えることで、黒酢を様々な楽しみ方ができます。ダイエットを邪魔しないような食事量であればというぐらいで、黒酢ダイエット時のカロリー制限量はありません。