玄米の最近のブログ記事

玄米ダイエットの効果

a0007_002207.jpg

玄米ダイエットをしている人が最近とても増えています。健康にも良いといわれている玄米ダイエットの効果とは具体的にどのようなものなのでしょうか。白米やパンと比較すると、玄米はミネラルやビタミンを多く摂取することができます。白米と玄米の違いは、精米したかどうかだけです。ですが、玄米は白米を遙かにしのぐ栄養量を誇っているといいます。



この頃の一般的な日本国内の食事は、和食から洋食にシフトしつつあり、ビタミンやミネラルが欠乏気味な人が増えています。欠乏しやすい栄養補給に、玄米が役立ちます。特にダイエットをしていると食事量が減りやすく、栄養が偏ることが少なくありません。主食を白米から玄米に変えるだけでダイエット中の栄養を効果的に補うことができるでしょう。



玄米の効果は他にもあります。食物繊維をたくさん含んでいるので、便秘解消にも効果があるのです。便秘は、ダイエットを成功させるためにも改善したい要素です。また、玄米は十分に噛んで食べなければいけないので、満腹しやすくなれます。



玄米を食べたことで老廃物を体外に出す作用が強化され、肌のコンディションが改善したという例もあります。体内の老廃物を出し、代謝が良くなれば、体の調子もよくなっていきます。玄米ダイエットを実践することで、体重が減るだけでなく、お肌も体の状態も改善することが可能です。

玄米ダイエットのやり方

玄米ダイエットは健康的に痩せられるということで人気のダイエットです。基本的には1日3食の主食を玄米に変えるだけというシンプルなダイエット方法です。白いご飯を普段から食べていた人が玄米にチェンジするということは、人によっては受け付けないかもしれません。白米を好む人の場合、玄米を白米にプラスして主食にする方法もおすすめです。



最初は白米のほうが多くとも、少しずつ玄米の量を多くしていきます。しっかり咀嚼することも、玄米ダイエットのポイントです。玄米は白米より固いため、食べるときとどうしても時間をかけて噛みしめる必要があります。噛むことによって満腹中枢が刺激されて、今まで食べていた量よりも少ない量で満足することができます。



玄米ダイエットの特徴はルールが無いことです。自由に自分でアレンジできるのが玄米ダイエットの良いところです。いろいろと、玄米のおいしい食べ方を試してみるといいでしょう。洋風のおかずより、和風のおかずのほうが玄米と相性がいいようです。和食のおかずはカロリーが低いため、メニュー次第でダイエット向きな食事がたくさんつくれます。



炊いた玄米は冷凍がききますので、まとめ炊きをする人もいます。食事の都度玄米を炊くのが大変なら、フリージングを活用しましょう。健康によく、体重を減らす効果もある玄米ダイエットは、多く人が今取り組んでいるダイエットです。

玄米ダイエットとは

玄米ダイエットが健康に良いということで話題になっています。玄米ダイエットとはいったいどのようなダイエット方法なのでしょうか。玄米食の人気が高まっていることや、精米機が身近に設置されるようになって、玄米を購入できる店舗の種類は随分と多くなりました。普段、白米や精米小麦から作られたパンを食べている人が、玄米に切り替えることでダイエット効果を得ることができるとされています。



精米していないお米を玄米といいます。白米とは異なり、外皮の部分がついたままの状態です。胚芽とぬかを精米して除去することで、玄米は白米になります。胚芽とぬかには、驚くほど豊富な栄養成分が含まれているのです。玄米のビタミンB1は白米の4倍以上だといわれています。食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍だそうです。



玄米のメリットは栄養価の面だけではありません。玄米は白米に比べて食べごたえもあるので、必然的によく噛むことになります。きちんと噛んで食べることで、脳の中枢が働いて満腹を感じます。食事量を見直してダイエットを成功させたい人は、食べすぎ防止効果のある玄米は非常にうれしい存在です。



野菜を主体に、玄米を組み合わせて食べるようなマクロビオティックのレシピ本も、この頃注目されてきています。マクロビオティックのレシピなどを参考に、体にいい玄米メニューでダイエットを成功させていきたいものです。